最近30日間のアクセス数トップ3記事

2009年10月15日木曜日

クラッシュ、crash、crush、clash...

3つの単語、

crash
crush
clash

について、日本語的な発音はいずれも”クラッシュ”になり、その違いが気になった方は多いと思います。私も過去に何度も気になってそのたびに辞書などを調べて、それで納得した気になるのですが、しばらくすると忘れていて、正確に思い出せた試しがありません。(笑)

今日もそうなのですが、下記の見出しが目に留まり、またまた調べる破目になりました。


North Korea warns of naval clash
(BBC News. October 15, 2009.)


韓国が北朝鮮の領海を侵犯したとかで、北朝鮮が武力衝突になる可能性を警告したというものです。記事は以下のように続きます。


North Korea's navy has accused South Korea of sending warships across their maritime border to stir tensions.
(中略)
The communist state's navy said that on Monday alone, ships had crossed the boundary 10 times.

An official with the South's Joint Chiefs of Staff said the North's charge is groundless as Seoul does not acknowledge the Pyongyang-set border.
(中略)
The maritime border has since been disputed by the two Koreas, and the West Sea was the site of deadly naval skirmishes in 1999 and 2002.

"The reckless military provocations... have created such a serious situation that a naval clash may break out," the North Korean military said in a statement on Thursday.


武力衝突や紛争、政治的な背景の小競り合いや対立の場合は、"clash"という単語の出番、と覚えておいてよさそうです。上の記事では、"skirmish"という単語も見えますが、clashとskirmishはほとんどシノニムといってよいでしょう。

問題は、"crash"と"crush"ですが、これが紛らわしいのですが、私の個人的な捉え方として、"crash"は、ぶつかる(ぶつける)、衝突する(させる)、といったアクションに焦点を当てた表現であるのに対し、"crush"は、つぶす(つぶされる)、押しつぶす(押しつぶされる)、といった様態に焦点を当てた表現であるといえるのではないかと思います。

crash(衝突)した結果、crush(つぶれる)する("a" → "u")というとかなり強引な感じがしますが、あながち外れていないのではないかと思います。ちなみに、crushを辞書で引くと、”廃”(廃語; 過去はその意味で使われていたが現代では使われない意味のこと)として、”衝突する(crash)”の意味があったということです。

尤も、上記以外にも比喩的な意味など含め、色々な表現があり、単純化してしまうのは危険かもしれませんが、紛らわしいこの3つの単語については、まず上記の基本を抑えてみてはどうかと思います。

ちなみにパソコンがクラッシュする場合の”クラッシュ”は、"crash"です。

こちらも、頻繁にcrash(クラッシュ)するようなパソコンなら、crush(つぶしてスクラップにでもする)する("a" → "u")のがよいのでは??

0 件のコメント:

コメントを投稿