最近30日間のアクセス数トップ3記事

2017年8月22日火曜日

三下り半? ー talaq

イスラム法で定められる離縁の形式というものがあるそうで、その1つは"talaq"と称されるそうです。

現代日本においては夫婦が離婚する際には離婚届を役所に提出しますが、イスラム法では夫が一方的に妻を離縁にすることが認められているそうで、"talaq"というのは夫からの一方的な否認(repudiation)という意味だそうです。


India's Supreme Court has ruled that the controversial practice of instant triple talaq practised among some Muslims in the country is unconstitutional.

The ruling was made after five women petitioned the court, arguing that the practice, which allows a Muslim man to divorce his wife in minutes merely by repeating the word "talaq" (divorce) three times, was a violation of their fundamental rights.
(Triple talaq: The women who fought instant divorce in India. BBC News. August 22, 2017.)


そしてインドでは特に"triple talaq"という習慣(!?)があるらしく、これは"talaq"を三度唱えることで離婚が成立してしまうという、全くもって男尊女卑とも言えるやり方なのです。

引用した記事は、インドの女性がこの"triple talaq"を人権侵害と訴え、最高裁が訴えを認めた、というものです。

まるで、"talaq"という呪文が如き言葉を三度唱えるかのようですが、私は日本語で言う「三下り半」をすぐに思い浮かべました。

「三下り半」は昔、夫の側から妻とその家族に対し離婚の意思と、妻に再婚を認める旨を書状に三行半でしたためたことから生まれた言葉だそうですが、片や3(triple)、片や3.5(三下り半)、と厳密には同じではありませんが、共通点としては面白いものがあります。


2017年8月21日月曜日

副業 ー side-hustle

"side-hustle"という単語をご存知でしょうか?

日本語では「副業」に相当しそうです。


This is my side hustle. While most people are hanging out at home, I’m spending my Saturday morning writing this.

So why would I waste my weekend working when I could be out having fun? Because it’s important. While my peers are golfing, hanging out with friends, and watching TV: I’m writing, having coffee with thought leaders and interviewing interesting people.
Unless you are one of the lucky ones who figured out how to make a career out of your passion, you should be working on your side hustle too.
(Tom Ward. 6 Reasons Why You Need To Get Your Side Hustle On. Forbes. August 8, 2017.)


"Hustle"という単語には揺する、激しく動かすという意味がありますが、俗語的な意味として、人を騙して金を巻き上げるといった意味もあり、"hustle"とは副業という一般的な意味合いというよりかは、いかがわしい手段によって収入を得ること、つまり詐欺やぺ店に近い意味合いで初めは用いられていたようです。

ところが、単語の意味というものは変化するもので、"hustle"はいかがわしい副業ではなく、引用記事にも見られるように、いわゆる「隙間時間」を活用して得られる副収入というような意味で用いられることが多くなったようです。

Merriam-Webster Dictionaryではこの"side-hustle"の意味の変遷について取り上げており、興味深いです。


2017年8月18日金曜日

サークルの意味 ー circle

トランプ米大統領の不人気は今に始まったことではありませんが、今日のニュース記事では支持率が最低を更新したということのようです。

ヴァージニア州での集会を巡る騒動をきっかけにトランプ氏への批判が改めて高まっていることも背景にあるようです。

こうした状況の中、トランプ氏に代わる大統領候補が早くも話題になっている次第です。トランプ氏は任期を全うできるのでしょうか?


As a key Republican questions the President’s capacity to govern, the ghostwriter who penned Donald Trump’s 1987 memoir The Art of the Deal thinks he will quit before the end of his term.

Writer Tony Schwartz tweeted that “Trump is going to resign” before investigators probing alleged ties between the Republican’s campaign team and Russia “leave him no choice”.

“The circle is closing at blinding speed,” the author tweeted. “Trump is going to resign and declare victory before Mueller and congress leave him no choice.”
(Trump ghostwriter predicts President will resign. The Australian. August 18, 2017.)


トランプ氏の自叙伝のゴーストライターを務めた作家が、トランプ氏は任期を全う出来ないと発言したそうです。

上記に引用した記事中の発言で、


The circle is closing at blinding speed


とあるのですが、ここでの"circle"の意味合いについて考えてみたいと思います。

言うまでもなく、"circle"とは円、丸(まる)のことです。

その円が閉じていっている、とはどういうことでしょうか?

成句の類かと思ったのですが、辞書にはそれらしきエントリがありませんでしたので、"circle"の項を上から見ていきますと、


活動範囲、勢力圏内


という意味が載っていました。

Merriam-Webster Dictionaryでは、"realm"と同義となっています。


2017年8月17日木曜日

above the salt

引き続き、塩(salt)にまつわる表現を取り上げます。

昨日は塩(salt)とお給料(salary)の関連をお話ししましたが、塩は昔から貴重なものでした。人間が生きていくのに欠かせないというのが理由ですが、ここから、"above the salt"という表現は、その塩(salt)以上に・・・ということで、最上級の意味合いがあります。

研究社の大英和によりますと、昔、食卓の真ん中に大きな塩入れを置き、その上手は身分の高い人が座ると決まっていたということです。上座、上席、ということですね


用例をコーパスで当たってみました。


Economic and technological prowess are becoming more significant measures of national strength and importance than the traditional measures of military power. In most of the world, though unfortunately not all of it, economic competition is replacing military competition -- a shift that does not necessarily make the world any less Darwinian or more benign, since economic competition is often-waged just as fiercely as military competition ever was.

The place of economics at the intelligence table must now be moved well above the salt. Economic developments, furthermore, can no longer be considered in relative isolation; the web of economic, military and other factors directly affecting America's national interests and security is becoming seamless.
(Foreign Affairs, 1990.)


以下に引用したのは最近のニュース記事からのものです。


Andy Rubin is one of the stalwarts of the technology industry who created and developed the operating system that now runs on more than 2 billion smartphones, cars, televisions and watches; Android. After he left Google in 2014, having a career that was nothing but above the salt, his hunger for success wasn’t satiated yet. And thus Playground Global was found, the company that helped Andy launch his first smartphone, the Essential.
(Prasham Parikh. THE ESSENTIAL PHONE BY THE CREATOR OF ANDROID. EOTO. May 30, 2017.)


2017年8月16日水曜日

worth one's salt

昨日に引き続き、塩(salt)に関する表現を取り上げます。

サラリーマンが毎月いただくお給料、つまりサラリー(salary)が塩に由来しているということを知っている人は多いのではないでしょうか?

そうです、昔々、お給料というものは塩で供されていたのです。


You might think of salt as nothing more than the inexpensive stuff that tastes good sprinkled on French fries and popcorn, but in fact it’s far more than just a seasoning and has a long history as a highly prized substance. Today, there are reportedly more than 14,000 known uses for salt. Not only does the human body need it to function properly, but salt also is utilized for everything from producing chemicals to deicing roads.

Before the days of artificial refrigeration, the main method for preserving food was to treat it with salt. In this way, salt came to represent power; without it, armies couldn’t travel great distances and explorers couldn’t sail to new lands because their provisions would spoil. Throughout the ages, a variety of cultures also used this mineral in ceremonies and religious rituals. For many centuries, until salt deposits were discovered throughout the world and extraction methods improved, salt was scarce, which made it more valuable.

In some ancient societies, roads and cities developed as a result of the salt trade.

The expression to be worth one’s salt, which means you’re competent and deserve what you’re earning, is most often said to have its roots in ancient Rome, where soldiers were sometimes paid in salt or given an allowance to purchase it. The word salary is derived from the Latin “salarium,” which originally referred to a soldier’s allowance to buy salt.
(Elizabeth Nix. Where did the expression “worth one’s salt” come from? Ask History. October 15, 2014.)


そして、"worth one"s salt"という表現もまた、「給料に見合うだけの〜」という意味合いであり、ここにも塩とお給料の関連を見てとることができます。