最近30日間のアクセス数トップ3記事

2009年7月16日木曜日

screw

名詞では、”ねじ”のことですが、動詞としてなかなか多彩に使われることが多い単語のように思えます。

口語的に使われる場合がほとんどだと思われますが、少し日本語にし難い、英語独特の表現ではないでしょうか?昔から、会話中に現れて聞くことはあっても、なかなかしっくりと入ってこない表現でもあります。

”失敗する、しくじる、間違える”、といった意味が英和辞書に見られる一方、

”台無しにする”、といったエントリもあります。

”うまく利用する”、”だます”、”巻き上げる”、といった訳語も見られます。

ところで、今日Google Newsで見ていますと、下記の記事が目に留まりました。


Google and Microsoft: who is screwing who?

So Google wants to be a player in the operating system market and Microsoft wants to be a search player? Meh.

Now that the dust is settling a little after the initial media feeding frenzy that followed the announcement by Google that it was entering the operating system business, I have been asking myself just how scared Microsoft really should be.
(iTwire. July 15, 2009.)


MSの牙城であるOS市場にGoogleが乗り込むというニュースですが、上記の例での、”screw”はやはり微妙です。私は、”やり込める”という日本語がまず浮かびました。

同上の記事の後半では、以下のような文が出てきます。


To suggest that Google will screw Microsoft into the ground in a years time with the Chrome OS for netbooks is, frankly, like suggesting that Microsoft will do the same to Google with its Bing search engine.

I'm no Microsoft apologist believe me, but I suspect it will be smoking a cigarette and feeling satisfied on the search front long before Google has even managed to get to first base with Microsoft in terms of OS share.


ここでの"screw (MS) into the ground"も日本語にし難い箇所です。"into the ground"で、高い位置にあるもの(MSのOS市場でのシェア)を地に落とす、完膚なきまでにする、といった感じがします。

よい訳語の表現がありましたらお寄せください。

0 件のコメント:

コメントを投稿