最近30日間のアクセス数トップ3記事

2012年5月11日金曜日

force one's hand

アメリカで同性婚の問題が議論を巻き起こしていますが、オバマ大統領が同性婚を認める歴史的な発言を行いました。わたしはこの同性婚の問題にあまり詳しくありませんが、CNNの記事によりますと過去の世論調査(アンケート)では、同性婚に賛成が27%なのに対して、反対は68%と、反対派が圧倒的に上回っていましたが(1996年)、近年では53%が賛成、45%が反対と逆転(2011年)しているそうです。

オバマ大統領が同性婚を認める発言に至ったのは、こうした世論の変化を反映したもの、また大統領選への影響を懸念したものとも言われていますが、ニューヨークタイムズ紙の記事によると、大統領より先に副大統領であるビデン氏が”先走って”しまったことがある、ということです。


WASHINGTON — A few hours before President Obama offered his historic endorsement of same-sex marriage on Wednesday, Vice President Joseph R. Biden Jr. apologized to the president in the Oval Office for forcing Mr. Obama’s hand by airing his own views three days earlier, several people briefed on the exchange said on Thursday.

Mr. Biden declared in an interview on Sunday that he was “absolutely comfortable” with same-sex marriage, a position that went considerably further than the president’s “evolving” views on the matter and scrambled the White House’s carefully laid plans for confronting one of the most sensitive social issues in the election.

Mr. Obama, in an interview with ABC News, said the vice president had gotten “a little bit over his skis” but had done so “out of generosity of spirit.” The president bore Mr. Biden no lingering ill will, according to several officials, though the episode enraged Mr. Obama’s senior advisers in the White House and on the campaign.
(Biden Said to Apologize to Obama Over Gay Marriage Issue. The New York Times. May 10, 2012.)


大統領選で争点にもなる、もっともSensitiveな問題の1つでもあるこの同性婚の問題について、ビデン氏が大統領にさきがけて肯定的な発言をしてしまったことで、ホワイトハウス側を混乱させてしまったそうですが、これは個人的な見解のつもりが政府の公式発言と取られてしまい、いわゆる”先走ってしまった”発言ということになります。

さて、"force Obama's hand"という表現に注目します。これは、"force one's hand"という成句ですが、


(人に)行動を強いる、真意(意図)を明かさせる


という意味で用いられます。先走った発言が事実上政府見解とならざるを得ない状況になってしまった、ということです。

この成句はトランプゲームに由来しています。"hand"とはトランプゲームでの手持ち札のことを指しており、手持ち札を強制的に明かさせる、ということから手の内(真意)を明かさせる、さらに行動を強いる、という意味に発展したものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿