最近30日間のアクセス数トップ3記事

2010年1月19日火曜日

パンデミック騒動はオオカミ少年だったのか? ― cry wolf

日本語でも”オオカミ少年”という表現をよく使います。

イソップ物語に由来する表現ですが、要は嘘つきという意味です。昨年から地球規模で大騒ぎになっている新型インフルエンザですが、ここのところ感染者も減ってきており、収束傾向にあるのではないかとも言われています。自国での感染拡大を恐れてワクチンを大量輸入した国も多いようですが、結局パンデミックというレベルまでには至っていない今日の状況を受けて、ワクチンの製造、輸入や接種の優先順位など一連の騒動は結局製薬会社の利益にしかつながっていないのではないかとの批判まで起きているようです。

WHO(世界保健機関)は一部の製薬メーカーに踊らされているんじゃないの?という論調があるようです。

下記の記事では、今回の騒動が、"cry wolf"の事例になってしまい、WHOの言う事を誰も聞かなくなるのではないか、という懸念があると伝えています。


Amid criticism that it exaggerated the dangers of swine flu, the World Health Organization (WHO) has begun a week long meeting in Geneva. Critics accuse the organization of having been too quick to proclaim a pandemic.

(中略)

British member of parliament Paul Flynn wants an investigation into exactly how the pandemic was handled. "We want to know who decided the level of risk," he said. "Was it decided on medical and health grounds or was it decided to meet the priorities of making profits of the pharmaceutical organizations. The great danger is that having cried 'wolf' on avian flu and on swine flu, nobody is going to trust the World Health Organisation if they come out with another threat, with another scare story in the future."
(WHO examines claims over exaggerating swine flu danger. Deutsche Welle. January 19, 2010.)

0 件のコメント:

コメントを投稿