最近30日間のアクセス数トップ3記事

2010年1月28日木曜日

モヒカン ― mohawk

モヒカン刈りと言えば、私は東京の渋谷などで見る奇人のヘアスタイルくらいに思っていましたが、意外と歴史のある言葉のようです。

まず、ややこしいのですが、Mohicanというネイティブアメリカン(北米インディアン)のことを指す言葉があります。正しくは、Mahicanという綴りらしいのですが、とりあえずMohican=Mahicanとして間違いなさそうです。

ところが、Mohican、あるいはMahicanは発音の上でも日本語カタカナのモヒカンにかなり近いのですが、いわゆるモヒカン刈りはいずれも関係が無いようなのです。

日本語でいうモヒカン刈りを英語では、


mohawk (hairstyle)


というそうです。このmohawkですが、語頭は大文字、つまりMohawkで、Mahicanとは違う北米インディアンの部族”モホーク族”のことだそうです。

"mohawk hairstyle"(モホーク族の髪型)を誰が”モヒカン刈り”(Mahican族のヘアスタイル)としてしまったのか詳らかではないのですが、Mahican (=Mohican)とMohawkとは全く別の部族であり、日本語でいうモヒカン刈りは、Mohawk族に由来する、というのが正しいように思われます。


What color were dinosaurs? Well, at least one of them had a feathered mohawk tail in a subdued palette of chestnut and white stripes.

That is what a team of Chinese and British scientists reported Wednesday in Nature, providing the first clear evidence of dinosaur colors from studies of 125-million-year-old fossils of a dinosaur called Sinosauropteryx.
(Study Offers an Insight Into Dinosaur Colors. The New York Times. January 27, 2010.)

0 件のコメント:

コメントを投稿