最近30日間のアクセス数トップ3記事

2010年6月1日火曜日

”お忍び”モード ― incognito

"incognito"とは、否定を意味する接頭辞"in-"(例えば、"incompetence"や"inexpensive"などの"in-"に同じ)と"cognito"(知っている)が結合したもので、要は”知られていない”という意味ですが、特に”匿名で”、”お忍びで”という意味で用いられます。

これは、身分の高い人が”お忍び”で旅行するといった場合のことなのですが、コンテクストとしては単に”匿名で”行動する場合などにも用いられます。

MicrosoftのInternet Explorerに対抗する新しいブラウザとしてGoogleのChromeがリリースされたのはもう大分前のことですが、Chromeブラウザに”シークレットモード”という、閲覧したウェブサイトについての記録を一切残さないモードがあることが話題でした。

ところが、下記の記事によりますと、この”シークレットモード”、実際には閲覧したウェブサイトや検索時のキーストロークまでがしっかり記録されているということで、プライバシーの問題が取り沙汰されています。

同記事では、この”シークレットモード”を意味するのに、"incognito mode"という表現を使っているところが面白いですね。


ALTERNATIVE BROWSER Chrome keeps track of users' habits even when in "anonymous" browsing mode.

Developed by Google using the Webkit rendering engine, Chrome has been steadily gaining browser market share as Microsoft's security liability, Internet Explorer, has seen its popularity wane.

(中略)

Chrome's "incognito" mode tries to offer those who take part in after hours browsing some sense of privacy. Most mistake the mode as a form of anonymiser, but in reality all it does is not track the users' browsing habits and decline to accept cookies from websites, supposedly not leaving a trace of what websites the user viewed on the computer.

While incognito mode does seem to work as expected on the surface, digging a little deeper, we found that Chrome does in fact remember sites that were visited.
(Lawrence Latif. Chrome personalises anonymous browsing. The Inquirer. May 19, 2010.)

0 件のコメント:

コメントを投稿