最近30日間のアクセス数トップ3記事

2012年4月12日木曜日

北朝鮮の瀬戸際外交 ― brinkmanship

北朝鮮が衛星と称するミサイルの発射計画を発表していますが、16日までに発射、もしかしたら今日にでも発射されるのではないかということで随分騒がしくなってきました。


North Korea plans to launch its latest rocket across the waters of the Far East, perhaps by April 16. The plan has already drawn the desired response in the region: Fear and, most of all, more attention on North Korea.

Nations are lining up to condemn the provocative act, which violates a United Nations resolution. Washington is divided over how to respond. Journalists are playing up the implied threat. Japan may even shoot down the three-stage Unha-3 rocket if it strays close to its shores.
(North Korea rocket launch: fireworks of fear. The Christian Science Monitor. April 10, 2012.)


自衛隊が迎撃体制の準備を整えたり、アメリカや韓国など諸外国でも特別な危機管理体制を敷くなど、この全くはた迷惑な”衛星”発射に多くの国が振り回され、労力とお金を費やしていると思うと腹立たしくもなりますが、このようなやり方は北朝鮮の常套手段であるとの見方がもはや定着しています。

その見方とは即ち、北朝鮮が自国の存在感を誇示するための幼稚な示威行為であるというものですが、エスカレートして”衛星”発射に留まらず、3度目の核実験を行うのではないかとの観測もあるようです。


And just to make sure it is being feared and not ignored, North Korea may also soon conduct a third nuclear test, according to reports. The first two tests, in 2006 and 2009, weren’t a technical success. And North Korea’s previous rocket launches, in 1998 and 2009, weren’t great hits either.

Such actions fit a long pattern of brinkmanship, bellicosity, and blackmail by the Pyongyang regime. Fortunately, the Kim family dynasty has been relying on waves of provocative acts long enough that the rest of the world has caught on. Even its only ally, China, now sees through the obvious childish behavior.
(ibid.)


さて、このような外交上の手練手管を表現するのに"brinkmanship"という単語があります。この単語、”瀬戸際政策(外交)”と辞書にあります。"brink"(縁、崖っぷち)と"-manship"という接尾辞を組み合わせたものです。

接尾辞"-manship"は、"sportsmanship"や"craftsmanship"などの単語の例から分かるように、”腕前”や”技量”、”手腕”といった意味を付加する接尾辞ですが、"brink"という単語と結合した"brinkmanship"の場合、"brink"(崖っぷちの状況)を利用した物事の進め方、やり方、という意味になり、ネガティヴな意味になっていることに注目する必要があります。

電子辞書で、"-manship"で後方一致検索をすると沢山の"-manship"の単語がヒットし、こんなにもあるのかと驚きましたが、そのほとんどが"sportsmanship"等に見られるポジティヴな意味のもので、"brinkmanship"のようなネガティヴな意味での用いられ方をするものとしては他に、"one-upmanship"(他人を出し抜くやり方)くらいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿