最近30日間のアクセス数トップ3記事

2018年1月5日金曜日

take a page from

記事の引用からどうぞ。


Taking a page from the millions of people who make New Year's resolutions to quit smoking, Philip Morris International (PM), which traces its roots to a 19th century London tobacconist's shop, has announced it hopes to kick the habit as well.

In full-page ads in several U.K. newspapers on Thursday, Philip Morris said it aims to quit selling cigarettes Britain at an unspecified future date, a goal the company admits won't be easy to meet. It plans to launch a website to provide smokers with information on quitting and on alternatives to cigarettes.

Philip Morris also plans to support antismoking efforts of local U.K. governments in areas where smoking rates are highest and to seek approvals to insert information on quitting and switching to alternatives into cigarette packs.

"We believe we have an important role to play in helping the U.K. become smoke-free," wrote Peter Nixon, managing director of PML, in a letter to U.K. Prime Minister Theresa May. "The commitments announced today are practical steps that could accelerate that goal. We recognize that never starting to smoke -- or quitting altogether -- are always the best option."
(Jonathan Berr. Philip Morris wants to quit its tobacco habit. CBS News. January 5, 2018.)


タバコメーカー大手のフィリップモリス社が(恐らくは新年の)新聞全面広告で、近い将来(!?)タバコの製造販売をやめることを表明したそうです。企業にとっては自殺行為に等しいと思うと驚きです。

引用した記事の冒頭で使われている表現、


Taking a page from...


に着目しましょう。

手元の英和辞書で”page”のエントリを確認してみたのですが、”taking a page from...”といった成句は確認出来ませんでした。

仕方なくネット検索に頼るのですが、このフレーズは


taking a page from someone’s book


として知られ、総合的に意味するところは、


真似る、先例に従う、見習う


といった意味のようです。

記事内容に沿うと、新年の抱負に禁煙を掲げる一般庶民に倣って、喫煙習慣の撲滅を目標に掲げた、と読めます。

ここで、”someone’s book”の意味するところは何なのかという疑問が沸きます。

それで、”book”のエントリを改めて辞書で引いてみると、”take a leaf out of person’s book”という成句が確認できました。

意味合いは変わらず、人の例に倣う、真似る、というものです。

Collins Cobuild Dictionary of Idiomsでは、


If you take a leaf out of someone’s book or take a leaf from their book, you copy them and behave or do something in the same way as them...


とあり、”book”とは劇の台本(脚本)であると解釈されます。

新しい年の始めに多くの人が新年の抱負という目標を掲げることに倣って、同社も煙のない社会を目指すという目標を掲げた、のでしょうか。

敢えてネガティヴな見方をするならば、いわゆる新年の抱負というものが途中で挫折するということを前提とした上で、タバコの製造販売をやめるという大言壮語を表明したのかも知れません。


0 件のコメント:

コメントを投稿