最近30日間のアクセス数トップ3記事

2011年7月25日月曜日

他人の懐が気になる ― six-figure

しがないサラリーマン根性でしょうが、他人の収入に対する興味は尽きないわけで、ついつい自分と比較してしまうものではないでしょうか?

まずは下記の記事を。懸賞生活ならぬ、クーポン生活のススメ?といったところでしょうか。


A student proves that even couponing newbies can save hundreds of dollars like expert couponers do.

Lauren Liggett, a college student and a newbie at coupon clipping, tells how she has been saving $300 dollars every month by using her coupons.

(中略)

Although the Liggetts are not having financial difficulties, Lauren still wants to practice couponing in order to help her parents out, who are currently paying for her college education. Her mom is a realtor and her dad is working part-time as a salesman for cars (her dad is also a retired engineer for IBM). Combined, Lauren’s parents have a low-six-figure income.
(Student Saves $300 Through Couponing. Grocery.com.)


クーポン有効活用により月に300ドルも倹約できるという見出しに目をひかれたわけですが、実践者である女子大生は特に生活に困っているわけでもないようです。後段では、両親は共働きであり、合計で(combined)、”a low-six-figure income”があるということです。

さて、”six-figure income”と言われてぱっと分かる人もそうそういないのではないかと思います。日本語だと、年収ウン百万円台だとか、一千万円台だとか言いますので、英語の”six-figure...”と言われて、指折りゼロの数を数えることになります。要は6ケタですので、10万ドル以上、ということになります。”a low six-figure”ですから、10万~30万くらいの幅があるのだと思いますが、それにしても全然悪くない数字ではありませんか!?

ひょっとして”five-figure”の間違いではないかとも訝りつつ、”six-figure”は6ケタの数字であることの再確認をしてみたりします。


Sacramento -- As California's elected leaders took drastic steps to cut spending last year, the state was paying hundreds of its workers six-figure earnings that far exceeded base salaries, according to newly released compensation data for public employees.

The data, compiled by state Controller John Chiang, show that more than 500 state employees made more than $240,000 before taxes in 2010. The controller listed last year's pay for all 256,222 state workers on his website, but did not include their names.
(Marisa Lagos. Hundreds of Calif. state workers earn 6 figures. San Francisco Chronicle. July 6, 2011.)


上記は米国サクラメント州の公務員の給料のお話です。公務員の給与も、いつもながらやっかみの対象に違いなく、日本でも公務員のボーナスが支給されたとか平均がいくらとか、毎年報道されますが、アメリカでは”six-figure”の年収を稼ぐ公務員が数百人もいるということです。具体的な数字にも表れていますが、やはり”six-figure”は6ケタ(数十万ドル)を意味しています。

最初のクーポンのニュースに戻りますと、やはり6ケタ年収なら全然悪くないほうだと思うのですが・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿