最近30日間のアクセス数トップ3記事

2011年9月30日金曜日

ツンとくる香りにヒント ― pungent

イグ・ノーベル賞の授賞式がアメリカ・マサチューセッツ州にあるハーバード大学で行われたということです。受賞者に日本人が含まれています。

発明のヒントは鼻にツンとくる、あの香りにありました。



The chemistry prize went to Japanese researchers who invented a fire alarm that emits the pungent odor of wasabi, the sinus-clearing green paste served with sushi.

"Wasabi odor is useful as a fire alarm to deaf people who failed to wake up with a conventional mode such as sound, vibration or flashing light," said Makoto Imai, professor of psychiatry at Shiga University of Medical Science.

The key is allyl isothiocyanate, the compound in wasabi that gives out its distinctive smell and can be detected even during sleep.

The team settled on wasabi after trying about 100 odors, including rotten eggs.
(Mark Pratt. Full bladders, wasabi alarm earn Ig Nobels. Houston Chronicle. September 29, 2011.)


”ツンとくる”を英語では、"pungent"という形容詞で表現します。

"pungent"は、"point"や"poignant"などの単語と同じく、”突き刺す”という意味のラテン語"pungere"から由来しています。

ワサビのツンとくる匂いを聴覚障害者のための火災報知機へ応用するなど、普通は思いつかないでしょう。記事によりますと、受賞した滋賀医科大学の今井准教授とチームはワサビの他、腐った卵など、100以上の匂いの応用を試したということです。

0 件のコメント:

コメントを投稿