最近30日間のアクセス数トップ3記事

2011年12月20日火曜日

金正日総書記死去、後継は・・・ ― chip off the old bock

12月19日月曜日の昼過ぎに飛び込んできた、北朝鮮の金正日総書記死去のニュースは間違いなく今年のトップニュースの1つでしょう。Google Newsでも主要メディアがトップニュースの扱いです。

核武装国家、ならず者国家、独裁主義者、悪の枢軸、など、さんざんに名指しで批判されてきた政権ですが、後継とされる金正恩氏(Kim Jong-un)についても色々と評されており、民主化への新たなかじ取りが期待されるというものから、中国やスイスでの留学経験も空しく路線転換は期待できない、というものまで様々です。


NORTH Korea last night dramatically marked the sudden death of its despot leader Kim Jong-il by firing a short range missile, putting nervous world leaders on nuclear alert.

His heir apparent, third son Kim Jong-un, 28, is a four-star general with little military experience who experts fear has similar "ruthless" traits to his father, who died at the weekend. Said one: "Jong-un is known to have the potential to become a strong, ruthless leader."

(中略)

The apparent succession of Kim Jong-un - a "chip off the old block" in both his ideology and personality - threatens to trigger a perilous period for the Korean peninsula, where 1.7 million troops from the two Koreas and the US square off every day.
(Nuclear alert as 'Little Kim' to rule North Korea. News.com.au. December 20, 2011.)


金正恩氏はイデオロギーも人格も親である金正日氏とそっくり(chip off the old block)ということだそうです。近隣国家には脅威であり、拉致問題も抱える日本としてはあまり考えたくないところですが、現実を直視せざるを得ません。

0 件のコメント:

コメントを投稿