最近30日間のアクセス数トップ3記事

2012年3月8日木曜日

オーダーメイド医療に難問 ― hit a bump

サイエンスの進歩のおかげで、オーダーメイド医療(personalized medicine)は昔は夢物語のようなお話でしたが近年では実現間近のものとなっています。

特に薬の投与においては副作用を軽減したり、体質が違うことによる薬の効果の差異などを解決することが期待されています。

また癌治療においては、ターゲットとなる細胞のみを攻撃するような薬剤を開発する上で期待が高まっています。

しかしながら、どうやらそこまで事は単純ではないらしいという研究結果がNew England Journal of Medicineで発表されました。


'Personalized Medicine' Hits a Bump

A tumor's genetic makeup can vary significantly even within the same tumor sample, researchers said, a finding that poses new challenges to the personalized-medicine movement in cancer.

One big implication of the new research, being published Thursday in the New England Journal of Medicine, is that analyzing only a single sample of a patient's tumor—the current practice—may miss important genetic mutations that affect the course of the disease.

That, in turn, could hinder emerging efforts to match patients with drugs that target the mutations affecting their tumors, a basic strategy of personalized medicine.
(Ron Wislow. 'Personalized Medicine' Hits a Bump. The Wall Street Journal. March 7, 2012.)


研究報告によると、癌細胞の遺伝子の構成(genetic makeup)は、たとえ1つのサンプル中の細胞であっても細胞によって大きく異なることが分かり、そうなると特定の遺伝子配列の細胞とその変異をターゲットとして治療を計画するオーダーメイド医療のストラテジーというものが怪しくなってくるということです。

つまり、癌患者から一部の癌細胞を採取してオーダーメイド医療を計画したとしても、実際にはターゲットと異なる遺伝子配列の癌細胞が多く存在することになり、また転移や癌の進行による変異を考えると一部の細胞だけをサンプルとして採取するやり方では十分とは言えず、かといってサンプルを増やすとコストの問題にもなってくるということです。

さて、このことを記事見出しでは、


hit(s) a bump


という表現を使って表しています。"bump"とは隆起、こぶのことです。"speed bump"というのをお聞きになったことがあるかと思いますが、車両のスピードを抑制するために道路にわざと設けられている仕組みのことです。

"hit a bump"は成句の類だと思われますが、要は勢いをもって進行していたものが、”躓いた”ということを言っています。

期待が高まっているオーダーメイド医療だけに、今回の研究成果はその期待を挫くようなものであり、”躓き”であるということです。

専門家ではありませんのでこの研究結果が今後のオーダーメイド医療の発展にどのように影響を与えるのか分かりませんが、難問となってくることは確かだろうと思われます。

記事はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿