最近30日間のアクセス数トップ3記事

2012年7月19日木曜日

海の日特集(4) ― in the offing

海の日特集、4日目の今日は、"in the offing"という成句を取り上げます。

まず、"offing"の意味からですが、"offing"は名詞で、日本語では”沖、沖合い”を意味します。もちろん、副詞の"off"から来ています。副詞の"off"にも”(陸地から離れて)沖に”という意味があります。

American Heritage Dictionaryの定義がわかりやすいので、引用します。


The part of the sea visible from shore that is very distant or beyond anchoring ground.


訳すと、”陸から見えるけれども、陸からは大分離れている海上、もしくは錨を下して停泊する浅瀬より向こうにある海上”、とでもなるでしょうか。簡潔明快な定義だと思います。

さて、"in the offing"という成句になると、意味は、


近い将来に起こりそうな、やがて起こりそうな


となります。陸にはたどり着いていないけれども、こっちにやってくるのが沖の方に見える、ということですね。

では、使用例を。


It’s always so much fun when there’s a new Apple product in the offing. The rumours of what it might be, the specs, the price points, those rumours simply proliferate in the weeks leading up to the actual announcement.
(Tim Worstall. Links 18 July: Apple iPhone 5 Rumours. Forbes. July 18, 2012.)


これから起こりそうなことは何も良いことだけに限りません。悪いことが起こりそうな場合にも、"in the offing"が使われます。


After selling 4,134 planes the past four years, Boeing Commercial Airplanes, the company's jetliner division, is racking up more cancellations than orders for new planes this year. Industry analysts warn that more cancellations may be in the offing as people are flying less in the global recession.
(USA Today. 2009.)


非常にイメージがしやすい成句ではないでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿