最近30日間のアクセス数トップ3記事

2012年12月21日金曜日

元オリンピック選手が衝撃告白 ― escort

アメリカの陸上中距離種目の女性選手で、1992年のバルセロナオリンピックを始めオリンピックに3度出場したSuzy Favor Hamiltonさんが、"escort"として働いたことがあることを認めたというニュースが関係者に衝撃を与えているようです。

ところで、"escort"って何のことでしょうか?


Olympic runner Suzy Hamilton admits to double life as an escort
(Boston Herald. December 20, 2012.)


Suzy Favor Hamilton says she has worked as escort
(San Francisco Chronicle. December 20, 2012.)


Former U.S. Olympic runner Suzy Favor-Hamilton admits to working as Las Vegas escort
(Vancouver Sun. December 20, 2012.)


3-TIME US OLYMPIAN WORKED AS ESCORT
(Fox Sports. December 20, 2012.)


上記は各紙の見出しですが、判で押したように(?)、"escort"という単語を使っています。私は、この"escort"の意味が最初分からなかったのですが、何となくスキャンダラスな匂いを感じながら記事を読み始めたところ、下記で意味が明らかになりました。


Suzy Favor Hamilton was such a Midwestern sports icon the Big Ten’s female athlete of the year award is named for the former Wisconsin runner.

That image is in stunning contrast with Hamilton’s admission that she has spent parts of the last year as a $600-per-hour call girl.
(Olympic runner Suzy Hamilton admits to double life as an escort. Boston Herald. December 20, 2012.)


"$600-per-hour call girl"(時給600ドルのコールガール)という表現が、"escort"を説明しています。

ところが、辞書で"escort"を引いてもそのような意味は確認できません。これは不思議ではないでしょうか?

ランダムハウス英和では、


要人の護衛者、付添
(社交上の集まりに)付き添う異性、エスコート役


などとあります。“コールガール”の意味はどこにも見えません。

American Heritage Dictionaryも同様で、


One or more persons accompanying another to guide, protect, or show honor.
A man who is the companion of a woman, especially on a social occasion.


などとあり、護衛役、ガイド役、付添役、の意味でしかありません。

“エスコート”というと、綺麗な女性に付き添う紳士をイメージしますが、それは過去の話で、現代では売春婦の意味になり下がってしまったのでしょうか。

"escort"という単語は、元々“護衛する”という意味のラテン語excorrigereから、イタリア語などを経て生まれたものであると語源欄の解説にあります。語源的には、"correct"という単語と同根のようです。

つまりその心は、正す、ということ、おかしな方向に行かないようにしっかりガイドする、付き添う、ということなのだと思うのですが、どちらかと言えば後ろ暗いイメージのあるセックス産業の単語になってしまったというのは語源的に見て皮肉なものです。

というようなことをつらつらと考えていたところ、Oxford Dictionary of Euphemismsを持っていたことを思い出し、"escort"を引いてみると、ありました!

a paid heterosexual partner


"escort"という単語は売春婦の婉曲表現ということであれば、メディア各社が判で押したように見出しに"escort"を用いたのも何となく分かるような気がします。


0 件のコメント:

コメントを投稿