最近30日間のアクセス数トップ3記事

2016年1月29日金曜日

quid pro quo

アメリカ大統領選の共和党候補による討論会が1月28日木曜日夜(現地時間)行われたようです。邦紙でも国際面で取り上げられていたので知っていましたが、本国では熱い視線が注がれている話題です。

話題沸騰なのは、これまたメディア露出度が高く、歯に衣を着せない毒舌で世間をお騒がせのドナルド・トランプ氏です。

同氏は、Fox News主催の討論会を欠席するということで、話題になっていました。Fox Newsによる候補者の取り扱いにバイアスがある、というのがその理由だったようです。同氏は、過去にFox Newsのモデレータを務めた女性キャスターと揉めたという経緯があります。("on the period"の投稿を参照。)


Fox News Channel accused Donald Trump of asking the network for a $5 million donation as a “quid pro quo” in return for Trump’s promise to appear in Thursday night’s Republican debate, as an extraordinary feud between the right’s best-known media platform and the Republican party’s presidential front-runner overshadowed the last debate before the Iowa caucuses.
(Without Trump onstage, Republican debate turns to policies. The Washington Post. January 28, 2016.)


Fox News側はぎりぎりまでトランプ氏の討論会への出席を模索したようですが、同氏は出演を約束する代わりに、500万ドルの献金を要求したそうです。恐らくは、そんな金を出しっこないと見込んだ上での要求だったと思われますが、私腹を肥やすのが目的ではなく退役軍人に配分するのが目的であると説明しています。(トランプ氏は去年もCNNへの出演料に500万ドルを要求したことがあります。)結局、討論会はトランプ氏抜きで行われました。

さて、


quid pro quo


というのは、報酬、代償という意味のラテン語です。

英訳すると、


something for something


となります。("quo"は"quid"の奪格・・・。昔、大学生の時、少しだけラテン語をかじりました・・・。)


0 件のコメント:

コメントを投稿