最近30日間のアクセス数トップ3記事

2016年11月15日火曜日

misogyny

アメリカでトランプ大統領が誕生していこう、インターネットで検索数が急増した単語のリストがあるそうです。

トップになったのは何と"misogyny"という単語。

その他、"xenopiobia"や"racism"など、いずれも選挙戦の時からトランプ氏が過激な発言を繰り返してきたテーマです。


Merriam-Webster Dictionary searches for the word ‘misogyny,’ among others, are on the rise in the days following Donald Trump’s victory.

In a Nov. 13 tweet, Merriam-Webster released the top word lookups right now — and needless to say, the results are a little depressing.

Here they are:
fascism
bigot
xenophobe
racism
socialism
resurgence
xenophobia
misogyny

Searches for “fascism” also spiked on Google Trends following the election, when Donald Trump won the presidency, Gizmodoreported. And according to Merriam-Webster, searches for these words increased more than usual.
(Sophia Tulp. The troubling list of words everyone's looking up since Trump won. USA Today. November 14, 2016.)


"misogyny"とは女性嫌いのことです。

"miso-"という接頭辞はギリシャ語で嫌悪を意味し、"gyny"は女性の意味です。

"miso-"の接頭辞は、"misanthropy"(人間嫌い)のような単語にも見られます。

"gyny"については、"gynecology"(婦人科)がありますね。


0 件のコメント:

コメントを投稿