最近30日間のアクセス数トップ3記事

2018年5月17日木曜日

high-wire

韓国と北朝鮮の歴史的な二国間会談後、次の米朝会談に向けて国際社会が融和ムード一色にそまりつつあったところでしたが、ここにきて北朝鮮が米朝会談をキャンセルする可能性に言及するという、冷や水をあびせかけるような行動に出てきました。


WASHINGTON — The White House on Wednesday brushed aside threats by North Korea to cancel a summit meeting between President Trump and its leader, Kim Jong-un, but the harsh words underscored the chasm that will separate the two leaders next month in Singapore over how to deal with North Korea’s nuclear arsenal.

Mr. Trump struck a noncommittal tone about the status of the meeting — “We’ll have to see,” he told reporters — but said he still planned to demand that the North surrender its entire nuclear program. A top North Korean official said Mr. Kim would not tolerate attempts to “drive us into a corner to force our unilateral nuclear abandonment.”

While administration officials and outside experts said they believed the meeting would go off as planned, the clashing messages brought a diplomatic high-wire act temporarily back to earth, replacing the talk of history-making handshakes and Nobel Peace Prizes with the sober recognition that North Korea views disarmament very differently than the United States does.
(Mark Landler. North Korean Threats Are ‘Splash of Cold Water’ on Expectations for Talks. The New York Times. May 16, 2018.)


このような北朝鮮の変節には様々な見方があるようですが、果たしてトランプ政権は想定していたのでしょうか。

トランプ氏は、"We'll have to see..."と述べるに留めているようですが、今後の展開が注視されるところです。

さて、今回の”冷や水を浴びせかけるような”北朝鮮の出方によって、


brought a diplomatic high-wire act temporarily back to earth


となったと、記事に出てきますが、融和ムード一転、またノーベル平和賞モノの歴史的な非核化への取り組み、とまで言われていたところが地に落ちた、といったところでしょうか。

"high-wire"という表現について、辞書を引くと、


非常に高く張った綱渡りの綱


とありましたが、北朝鮮情勢を巡り、韓国、米国、そして中国やロシア、日本などの関係国は綱渡り的な歩みを進めていたということでしょうか。

綱渡りを見る人たちはドキドキしながらみるものですが、拉致問題の進展に気を揉む関係者にとっても目を離せない状況が続いています。


0 件のコメント:

コメントを投稿