最近30日間のアクセス数トップ3記事

2018年5月2日水曜日

Big Brother

シンガポールのチャンギ空港でのユニークな取り組みが紹介されています。

空港で困っている旅行者を手助けするために顔認証システムを実験的に導入しているというものです。


SINGAPORE — Ever been delayed on a flight because of straggling fellow passengers?

That might be an annoyance of the past at Singapore’s Changi airport which is testing facial recognition systems that could, in the future, help locate lost travelers or those spending a little too much time in the duty-free shops.

Changi Airport, ranked the world’s best for six years straight in a survey by air travel consultancy Skytrax, is looking at how it can use the latest technologies to solve many problems — from cutting taxiing times on the runway to quicker predictions of flight arrivals.

It comes as the island state embarks on a “smart nation” initiative to utilize technology to improve lives, create economic opportunity and build community ties. However, the proposed use of cameras mounted on lampposts that are linked to facial recognition software has raised privacy concerns.

Steve Lee, Changi Airport Group’s chief information officer, told Reuters that the airport’s experiments are not from a “big brother” perspective but solve real problems.
(Airport may start using facial recognition to find late travelers. New York Post. May 1, 2018.)


具体的には、顔認証システムを導入することによって、セキュリティゲートやチェックインカウンターでの混雑解消につながるとされています。

さて、コンピュータやネットの技術革新は人々の生活を便利なものにする一方、我々の一挙手一投足を記録し監視するという負の側面があることはよく言われているところです。

利用者の利便性を図るチャンギ空港は世界的にも評価の高い空港だそうですが、今回の顔認証システムの導入について、


...not from a big brother perspective


としています。

この”big brother”というのは、George Orwellの著作である「1984年」に出てくる表現です。この作品は1949年に書かれましたが、このようなネット社会を予測していた作品としてしばしば取り上げられます。

”Big Brother”とは、


an all-powerful government or organization monitoring and directing people's actions
(Merriam-Webster Dictionary)


として、辞書のエントリにもなっているのですが、要は大衆を監視する体制側のことを指しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿