最近30日間のアクセス数トップ3記事

2012年11月9日金曜日

gouge

依然としてハリケーンSandy関係のニュース記事をよく見かけますが、今日は下記のようなヘッドラインが目に留まりました。


New York AG goes after post-Sandy price gougers

The state attorney general yesterday slapped a subpoena on Craigslist, demanding that the popular Web site identify sellers who jacked up prices on post-Sandy gas, generators and other supplies, The Post has learned.

The subpoena is part of a widespread probe into rip-off hotel rooms, groceries, transportation and other essential and emergency supplies announced this week by the AG’s Office.

More than 100 Craigslist users are being targeted by AG Eric Schneiderman for chiseling New Yorkers desperate for essential items in the wake of last week’s hurricane, according to an official.
(Jeane Macintosh. New York AG goes after post-Sandy price gougers. New York Post. November 8, 2012.)


この"price gouger"とは何を意味しているのでしょうか?

関連する記事を数日前にもいくつか読んでいたので簡単に想像がつきましたが、"price"とついていることからも想像がつくように、値段をつり上げることを指しています。

ハリケーン被害を受けた地域では停電が発生したり、暖房のためのガスや自動車のガソリンに難儀している人々が多く、ガソリンスタンドでは長蛇の列ができるなど、先の大震災を彷彿とさせるような事態になっているようです。

ガソリンスタンドでは給油制限なども実施されているようですが、このような状況で暗躍するのが人々の需要を逆手に取った"price gougers"という訳です。

"gouge"を辞書で引くと、木を削る”丸のみ”の意味と共に、動詞として、


詐取する、だまし取る
高値をふっかける


などの意味があることが分かります。

"gouger(s)"とは、"gouge"する人、ということです。

記事によりますと、ネット上で5ガロン(20リットル程度)のガソリン缶(通常20ドル程度)を数十倍の値段で売り出す"price gougers"が後をたたないのだそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿