最近30日間のアクセス数トップ3記事

2016年9月26日月曜日

米大統領選: 候補者の直接対決始まる ― graded on a curve

早いもので9月も今週でおしまいです。今週末からは10月が始まり、そうなるとアメリカ大統領選の本選(というのか知りませんが)まで1ヶ月あまりということになります。

トランプ、クリントン両候補の直接対決がいよいよ始まるということでニュースも過熱しているようです。討論会は3回あるそうですが、その第1回が9月26日月曜日なのです。


Donald Trump and Hillary Clinton hurtle toward their first debate Monday night, facing crucial tests about whether the often-brash Republican nominee can demonstrate the temperament and policy expertise to serve as president and whether Clinton can overcome trust questions with voters that have dogged her for years.

Trump’s allies said the real-estate mogul is eager to address substantive policy issues, even as top campaign officials on Sunday worked to tamp down the potential for off-stage fireworks initiated by Trump suggesting on Twitter that Gennifer Flowers would attend the showdown at Hofstra University in Hempstead, N.Y. Flowers has said she had an affair with Bill Clinton when he was Arkansas governor.
(Fredreka Schouten. The big tests that Clinton, Trump will face in the first debate. USA Today. September 25, 2016.)


両候補のどちらが大統領として相応しいのか?疑問はこの1点に集約されますが、トランプ氏はここにきてこれまでのぶっきらぼうで、歯に絹を着せない爆弾発言を一旦封印し、大統領候補としての適任性をアピールしたい模様です。

これに警戒するのがクリントン陣営です。


Clinton’s aides, meanwhile, worried publicly that Trump, a wealthy TV star and real-estate developer making his first bid for public office, would be held to a lower standard on the debate stage than Clinton, a former secretary of State who has spent decades in public life.

“I’m very concerned that Donald Trump will be graded on a curve,” Clinton campaign manager Robby Mook said Sunday on CNN’s State of the Union.
(ibid.)


ここで、"graded on a curve"という聞きなれない表現が出てきました。どういう意味なのでしょうか?

"graded on a curve"を手持ちの辞書で引いてみましたが見当たりませんでした。Wikipediaなどによりますと、ランク付け(格付け)するという意味で用いられるのですが、"curve"(曲線)とは正規分布曲線のことなのだそうです。

これはつまり相対評価システムのことで、テストの結果上位20%をAランク、60%をBランク、・・・というようにランク付けするやり方のことを指しており、到達度を基にした絶対評価との対比で批判などされるものです。

クリントン陣営の責任者の発言が以下のように続きます。


“Just because he doesn’t fly off the handle in the middle of the debate doesn’t mean that he’s prepared to be president of the United States,” he said. “He needs to have coherent answers to the questions. He needs to demonstrate a command of the issues. And he needs to roll out specific plans about how he’s going to make life better for Americans.”
(ibid.)


つまり、引用した記事のコンテクストに照らしてみれば、今回の直接対決で、トランプ氏が「まともさ」を演出することで、トランプ氏とクリントン氏の相対比較の構図になってしまうところにクリントン陣営の危機感がある、というように読めます。

「まともな」候補であるクリントン氏からすれば、討論会ではトランプ氏がその「まともでない」言動を披露してくれる方がありがたいという本音でしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿