最近30日間のアクセス数トップ3記事

2016年9月2日金曜日

libel

アメリカ大統領選の共和党候補者のドナルド・トランプ氏の妻であるメラニアさんが、イギリスの大衆紙Daily Mailを名誉毀損(libel)で訴えたそうです。


Melania Trump filed a libel lawsuit Thursday against the publisher of The Daily Mail, contending that it published an article that contained “false and defamatory statements,” including that she was once an escort.

In the lawsuit, which was filed in state court in Montgomery County, Md., Ms. Trump, the wife of Donald J. Trump, the Republican presidential nominee, said the “defamatory statements” in the article “were attacks on her reputation which discouraged members of the public from having a positive opinion of her.”

The Daily Mail, a British tabloid, removed the article from its website, but by the time of the filing it had not issued a retraction and apology, according to the complaint. The Daily Mail published a retraction and apology after the lawsuit was filed Thursday.
(Sydner Ember. Melania Trump Charges That She Was Libeled by The Daily Mail. The New York Times. September 1, 2016.)


名誉毀損の内容は、メラニアさんがかつて"escort"であった、というものだそうです。真実は本人のみぞ知る!?

名誉毀損のことを英語で"libel"と言いますが、"libel"の語源はラテン語のlibellumとされています。

そのlibellumは、「本」を意味するliberの指小辞なのですが、図書館のlibraryという単語からも本という意味は結び付きやすいでしょう。

でも、「本」がなぜ「名誉毀損」になるのか不思議ですね。

"libellum"とは、裁判に訴える時に作成する訴状の書類というのが元々の意味だったようですが、それが17世紀始め頃に名誉毀損の意味で使われ始めたようです。

裁判に訴えるというのは多かれ少なかれ、名誉毀損に近いところがある!?ということでしょうか。


0 件のコメント:

コメントを投稿