最近30日間のアクセス数トップ3記事

2016年10月7日金曜日

hairy eyeball

ウーバー(Uber)という固有名詞をニュースのヘッドラインでたびたび見かけるので話題になっているということは知っていましたが、具体的にはよく知らず関心もあまりありませんでした。

が、以下に引用する記事でタイトルに使われている、


hairy eyeball


という表現か気になり、目出度くUberの何たるかを知ることになりました。


Cabbies Give Uber the Hairy Eyeball

The popularity of “ride-sharing” companies like Uber and Lyft has grown substantially across the nation in recent years. Users of the services request rides from independently contracted drivers, using smartphone apps that charge their credit card.
(Josh Brokaw. Cabbies Give Uber the Hairy Eyeball. Ithaca. May 4, 2016.)


ご存知の方には説明不要ですが、Uberというのはライドシェアと呼ばれるサービスの草分け的存在で、スマホを使って簡単にタクシーと同等のサービスを利用可能にするもののようです。

「タクシーと同等の」というところがミソですが、既存のタクシー業界(Cabbies)からすると、ウーバーのようなライドシェアリングは脅威です。

"Hairy eyeball"の"Hair"がどこからくるのかと言いますと、まつ毛、あるいは眉毛なのだそうです。

これは、批難の眼差し、否定的な眼差しをする際に、目を細めるところから来ていて、まぶたが近接するとまつ毛(眉毛)と眼球とが近づく、ということから、"hairy eyeball"となったようです。

辞書に載っておらず、主にアメリカ英語での俗語表現であるとされています。


0 件のコメント:

コメントを投稿