最近30日間のアクセス数トップ3記事

2016年10月14日金曜日

集中砲火を浴びるトランプ氏 ー slings and arrows

アメリカ大統領選の話題に尽きませんが、共和党のトランプ氏の女性に対する過去の侮蔑的な振る舞いがクローズアップされ、同氏はかなり不利な状況に立たされているようです。

過去にトランプ氏に性的関係を迫られた、あるいは卑猥な行為を仕掛けられたと主張する女性が複数訴え出ましたが、トランプ氏はそれらの女性には会ったこともない、でっち上げだ、陰謀だとはねつけています。


Donald Trump cast himself in almost messianic terms Thursday in Florida, describing the presidential race as "a struggle for the survival of our nation" and vowing to win the White House despite all the "slings and arrows" being hurled in his direction.
(Maeve Reston. Donald Trump is running out of ways to win. CNN. October 14, 2016.)


こうしたスキャンダルが起きマスコミに騒動になると、ひ弱な日本の政治家であればとっくに尻尾を丸めて退陣しているでしょうが、トランプ氏に至っては益々意気軒昂のようです。


さて、


slings and arrows


という表現が使われていますね。

"sling"は投石器のこと、"arrow"は矢のことです。どちらも攻撃の道具であり、集中砲火という日本語がぴったりくるようです。

トランプ氏は合衆国を背負う身としてこの集中砲火を受けて立つ、ということのようです。果たして、偽善でしょうか、自惚れでしょうか、はたまた?


0 件のコメント:

コメントを投稿