最近30日間のアクセス数トップ3記事

2017年3月27日月曜日

搭乗拒否で炎上 ― spandex

アメリカのユナイテッド航空がレギンス着用の女性客の搭乗を拒否したことで批判されています。

レギンスがドレスコードに違反しているというのが理由だったそうですが、他の乗客が目の遣り場に困るようなセクシーなものだったのでしょうか?

この話題がツイッターに投稿された結果、ユナイテッド航空は有名人からもツイッター上で批判を浴びる事態となり、いわゆる「炎上」となっているようです。


For many women, leggings are a staple of their jet-setting uniform. So it came as a surprise to athleisure lovers on Twitter that United Airlines prevented two girls from boarding a flight Sunday from Denver to Minneapolis, just because they were wearing spandex.

The incident captured the attention of social media after it was witnessed by the founder of Moms Demand Action, Shannon Watts, who tweeted that two girls in "normal and appropriate" leggings were prevented from boarding, while a third pulled on a dress over her leggings before being allowed on the plane. United's reason for for denying them entry? The girls "were United pass riders who were not in compliance with our dress code policy for company benefit travel."
(Carly Mallenbaum. No leggings on flights? Celebs blast United for 'terrible' dress code. USA Today. March 26, 2017.)


記事のタイトルでは、"leggings"(レギンス)となっていますが、本文中では、


wearing spandex


とあります。

「スパンデックス」というのはレギンスの一種のようですが、辞書を引くとそもそもは伸縮性が売りの合成繊維の名称だということです。ちなみに、ランダムハウス英和辞書では、商標名となっていますが、商標名ではないそうです。

Merriam-Webster Dictionaryでは解説があり、"spandex"とは"expands"(拡がる、つまり伸縮性があるとの意と思われます)のアナグラム(日本語では転綴語という難しい単語がありますが、要は文字を並べ替えたもの)です。


0 件のコメント:

コメントを投稿