最近30日間のアクセス数トップ3記事

2011年11月24日木曜日

倹約、倹約、倹約・・・ ― economize; cut corners; make do

日本の祝日である勤労感謝の日は昨日で終わってしまいました。もしかしたら平日をお休みにして、週末(土日)と”ブリッジ”して休みを満喫している方もおられるかもしれません。

一方、アメリカではThanksgiving holidaysに突入しました。各メディアがこぞってトップニュースで伝えています。

ところで経済の低迷と失業問題に喘いでいるアメリカ国内にあっても、このThanksgivingだけは特別なもの、大切な人と過ごすために民族の大移動が起きている、という話です。しかし旅行というのはお金がかかるもの。ホリデーシーズンの航空運賃は高めに設定されますし、ガソリン価格も高騰しています。そんな逆境の中で涙ぐましくもある倹約のストーリーをChicago Sun Timesに見つけました。


CHICAGO — Undeterred by costlier gas and airfare, millions of Americans set out Wednesday to see friends and family in what is expected to be the nation’s busiest Thanksgiving weekend since the financial meltdown more than three years ago.

Many people economized rather than stay home.

“We wouldn’t think of missing it,” said Bill Curtis, a retiree from Los Angeles who was with his wife at Bob Hope Airport in Burbank, Calif. “Family is important and we love the holiday. So we cut corners other places so we can afford to travel.”
(Nomaan Merchant. Poor economy no speed bump for Thanksgiving travelers. Chicago Sun Times. November 23, 2011.)


記事のタイトル、"Poor economy no speed bump for Thanksgiving travelers"、が面白いと思いませんか?経済の低迷(poor economy)も旅行客にとっては旅行を控える要因(speed bump)にはなっていない、ということです。大切な人と過ごすために目的地へのはやる気持ちには、経済の低迷など"speed bump"にはならないのです。

もちろん全ての人が、飛行機のファーストクラスでリッチに旅行できるわけではありません。旅行費用をねん出するために、倹約の知恵が必要です。"cut corners"は節約する、切り詰める、という意味の成句です。

また、上記の引用記事の2段落目に出てきますが、"economize"も節約、倹約を意味する動詞です。

記事中には、今年は飛行機ではなく車での移動に変えた人や、車での移動でもモーテルを使わず車中泊にして宿泊代を倹約した人など、涙ぐましい倹約のストーリーが紹介されています。


Lucretia Verner and her cousin set out on a drive from Tulsa, Okla., to Atlanta. They said they wouldn't stop to eat on the way, making do with the water, juice, lunch meat and bread they took with them. Colette Parr of Las Vegas took flights with connections and switched airlines to save almost $200 on her trip to Newark, N.J.
(ibid.)


上記の引用にある、"make do"も、(不十分な物や状態で)なんとかしのぐ、間に合わせる、という意味の成句で、節約、倹約のコンテクストで用いられます。

今日は”1日1語”ならぬ、”1日3語”になってしまいましたが、たまにはいいですよね?勉強になることだし・・・。

0 件のコメント:

コメントを投稿