最近30日間のアクセス数トップ3記事

2023年5月30日火曜日

Panglossian

人工知能(AI)に関する話題がこのところ沸騰しています。先日広島で開催されたG7において生成AIに関する規制やルールが議論された他、新聞やメディア上では、人間が行っている仕事の過半はAIに取って代わられるとか、専門家がAIによってもたらされるベネフィットとリスクを論じています。

以下の記事を読んでみましょう。


Gradually and then suddenly, technologies driven by artificial intelligence (AI) are taking hold in major economies. Predictions of the impact of AI range from the Panglossian — an era of rising productivity leading to higher living standards — to the dire, the end of human civilisation. Even if humanity is safe for now, the ranks of white-collar professionals, some experts say, could be decimated by the extensive use of AI.
(ET Conversations with OpenAI CEO Sam Altman: Rebooting the future with AI. The Economic Times. May 19, 2023.)


記事中、


Panglossian


という見慣れない単語が出てきます。実際初めて見る単語だったのですが、文脈は、


Predictions of the impact of AI range from the Panglossian… to the dire


ということであり、"Panglossian"は"dire"(悲惨な、恐ろしい、ひどい)の対局にある概念と想像がつきます。

辞書を引けば、"Panglossian"とは、


極端に楽観的な


という意味であると分かります。

語源解説に目を向けると、この単語はフランスの詩人VoltaireによるCandideという作品の登場人物である、Dr. Panglossに因むとあります。

作品を読んだことはありませんが、Merriam-Websterの解説によれば、Dr. Panglossは言ってみれば筋金入りの楽天主義家で、どんな災厄に見舞われようとも、この世が最善の世界であるという主張を貫いたとあります。

また、"Panglossian"、"Dr. Pangloss"という名前は、ギリシャ語の接頭辞pan-と、舌を意味するglossaを組み合わせたものであり、饒舌、多弁を意味します。楽観主義者はよく喋るということでしょうか。

因みにVoltaire作品に刺激を受けた音楽家、レナード・バーンスタインが作曲したミュージカル「キャンディード」はご存知の方も多いかと思います。

その序曲は昔からお気に入りの曲でしたが、こんなきっかけで再開するとは・・・。



2023年5月29日月曜日

golden handcuffs

仕事内容や給与面等の待遇に100パーセント満足している、という勤め人はまれでしょう。

どんな仕事に就いていても多少の不満はあるものだと思います。

ところで、ポスト・コロナの時代、色々不満があるので転職しようかとも考えるけれども、今の仕事はリモートワークができるからそれはそれで辞められない、という勤め人が増えているそうです。多くの企業がリモートワークからオフィス勤務に切り替え、出社を要請するようになってきたという背景がありますが、転職先でリモートワークが保証されないのは困るという訳です。

こういう境遇にある勤め人はある種のジレンマに立たせられている訳ですが、"remote-work handcuffs"と表現されています。リモートワークというベネフィットが手枷(handcuffs)になって転職に二の足を踏むのです。

この"remote-work handcuffs"という表現は面白いなと思ったところ、かねてより業界では、


golden handcuffs


なる用語が存在すると知りました。"remote-work handcuffs"は、"golden handcuffs"をなぞった表現なのです。


The golden handcuffs phenomenon is an obvious parallel, Denise Rousseau, a professor of organizational behavior at Carnegie Mellon's Tepper School of Business, told Insider. Jobs that are highly paid feel impossible to leave if you can't command the same salary elsewhere. 

In academic literature, these shackled workers have what's known as a continuance commitment, Rousseau said. "They stay because they have something they don't want to lose, as opposed to staying because there's something that's attractive about their jobs, such as great colleagues or learning opportunities," she said. 
(Rebecca Knight. You hate your job but you love working from home: You're in remote-work handcuffs. Insider. May 28, 2023.)


"golden handcuffs"の「ゴールド」はお金のことです。待遇が良ければ辞められないということですが、そもそもは企業が有能な社員を囲い込むために昇給やボーナス、ストックオプションなど、金銭面での特別待遇を与えることを指します。


First coined in 1976, golden handcuffs refers to financial allurements and benefits that encourage highly compensated employees to stay at a company - even when they’re miserable.
(Claire Hastwell. Golden Handcuffs: What Employee Survey Responses Reveal About Burnout. Greatplacetowork.com. September 25, 2020.)


最近の表現と思いきや、上記引用にあるように1976年からあるそうで、手元のランダムハウス英和辞書にもエントリがあります。

リモートワークという制度は今やこうした金銭面での待遇とほとんど同列に語られるベネフィットになったということでしょう。


2023年5月26日金曜日

ick

決してファッションに敏感な訳ではありませんが、最近街中であまり見かけないものに「スキニージーンズ」があります。

いかにも細身に、あるいは脚が細く見えるジーンズをかつてよく見かけたように思うのですが、最近は、特に女性はゆったりとしたボトムスを身につけているようです。

漠然とそんな感じがしていたところ、どうやらスキニージーンズなるものは最近流行らないらしいと知りました。


Here’s the skinny on the latest fashion trend.

The men of TikTok have finally caught on — skinny jeans are an ick. That is to say they’re out, uncool, cringe-worthy, totally yesterday.

Gen Z already denounced the slim-fitting denim for women, and now men are following suit by trading their skinny jeans for baggier trousers — to much applause.
(Brooke Kato. Gen Z has canceled skinny jeans — here’s what’s replacing them. New York Post. May 23, 2023.)


記事では、


skinny jeans are an ick


と書かれています。

"ick"というのは、嫌悪感を催すもの、という意味らしいですが、American Heritage Dictionary、Merriam-Webster 共に、interjection、即ち間投詞であるおの説明です。

記事の例では名詞で使われていると思われますが、研究社新英和大辞典では"ick"のエントリはなく、"icky"という形容詞に同様の意味合いを認めることができます。

この"icky"は、"sticky"、つまりベタベタする、粘りつくような、という意味合いからきているのですが、名詞の"ick"とも関係ありそうです。

似た表現に、"yuck"があります。



2023年5月25日木曜日

turducken

デサンティス・フロリダ州知事が大統領選への出馬を正式に表明しました。
 
ツイッターのイベントでのアナウンスだったそうですが、サーバーの技術的な問題が発生したために、イベントの開始が遅れるというハプニングがあったと報じられています。
 
多くのメディアでは、デサンティス氏とイーロン・マスク氏が懇意であることに触れていますが、今回の正式表明が行われたイベントはつい最近までマスク氏がCEOを務めていたツイッターというプラットフォーム、そして共和党支持者である大物起業家のDavid Sacks氏がその大役を買って出た模様です。
 
 
The Florida governor made his formal presidential campaign announcement in the weirdest way possible, joining a Wednesday evening Twitter Spaces conversation with Twitter CEO and noted conspiracy-theorist-coddler Elon Musk. The event was moderated by David Sacks, a wealthy GOP donor who is pals with Musk and supports DeSantis, creating a turducken of wealth, confirmation-bias and “very online” social awkwardness. There were also spectacular technical glitches, again raising questions of whether the governor is truly ready for a national campaign.
(Rex Huppke. As president, DeSantis would 'Make America Florida.' What a nightmare that would be. USA Today. May 24, 2023.)
 
 
USA Today紙のオピニオン記事を引用しましたが、記事中
 
 
turducken
 
 
という見慣れない単語が出てきます。
 
初めて見る単語なのですが、スペルもちょっと変わっています。ドイツ語のスペルみたいにも見えます。手元の英和辞書には載っていませんでした。
 
Merriam-Websterオンラインで検索すると、以下の定義が出てきます。
 
 
a boneless chicken stuffed into a boneless duck stuffed into a boneless turkey
 
 
なんじゃ、これは?
 
骨抜きにしたチキンを鴨肉に詰めて、更に七面鳥に詰めて・・・!?
 
解説によれば、"turducken"とは、
 
 
turky
duck
chicken
 
 
を合わせた、いわゆるかばん語(portmanteau)だということで、ちょっと変わったスペルの背景は分かりました。
 
ネットで検索してみると、"turducken"なる料理は米南部ルイジアナ州の名物料理らしく、鶏肉を詰めたカモ肉をさらに七面鳥に詰めて焼き上げるものだとか。
 
そんな料理があるんですねぇ。
 
で、記事では、
 
 
a turducken of wealth
 
 
とあるんですが、これが何を言わんとしているのかちょっと分かりませんでしたが、恐らく、デサンティス知事、マスク氏、そしてSacks氏、という、功成り名遂げた三者に対する皮肉だろうと。
 
 

2023年5月24日水曜日

scot-free

このところ気温上昇中で、先日も夏日とか言われる日がありましたが、自宅の庭で作業していたらやられました。

そうです、カ(蚊)です。

雨降り後の小さな水溜りでも、僅かな水場があるとそこに蚊が生息し、増えると言われます。決して広い庭ではないのですが、水溜りをシャットアウトすることも叶わず、夏場は刺されるがままになっています。庭作業ではそろそろ蚊取り線香の出番です。

蚊は汗の臭いに引き寄せられると言います。ジョギングの後だったので余計に寄せ付けてしまったようです。


New research has found that smelly armpits may turn some people into a mosquito magnet.

This is apparently the reason that some people are so plagued by the annoying critters — while others get off scot-free, according to scientists.

The pesky insects are drawn to body odor, also known as BO — and mosquitoes can find us from 350 feet away once they get a whiff, according to SWNS, the British news service.
(Maureen Mackey. Are you a mosquito magnet? It might be for one unpleasant reason. Fox News. May 20, 2023.)


引用した記事は蚊の生態、つまり汗、体臭に引き寄せられるという話です。ご存知のことかもしれませんが。

ところで、記事に、


scot-free


という表現が出てきます。

この表現を知りませんでしたが、ひょっとして"shot-free"のスペルミスかとも思った次第です。

"scot-free"で正しいスペルなのですが、その意味するところは、


1. Without having to pay: got away from the restaurant scot-free.
2. Without incurring any penalty or punishment: came away from the incident scot-free.
(American Heritage Dictionary)


ということで、つまりは(蚊に)刺されずに(済む)、という意味合いで使われているのでした。

ところで、"scot-free"のscotとは税金の意味であると辞書にありますが、実のところ動詞shootと関係があるそうなのです。("shot-free"のスペルミスかと思ったのはあながち外れてはいなかったようです。)

古ノルド語skotに遡るscotと、動詞shootはいずれも印欧祖語skeud-を共通の親に持つとされます。

この印欧祖語skeud-の意味は、放り投げる(shoot, chase, throw)というもので、動詞shootはその意味合いを保持しています。税金を意味するscotについては、"money thrown down"という解釈によります。

つまるところ、"scot-free"のscotとは「応分の義務」というような意味合いが基本にあり、"scot-free"とはそうした義務や状況から免れていることを言います。